〒331-1231 長野県長野市松代町松代1430-13
TEL:026-213-4810

加齢黄斑変性

メガネ・コンタクトレンズを希望される方は、当院まで直接ご連絡ください。
TEL:026-213-4810

上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

HOME»  加齢黄斑変性

加齢黄斑変性

目の中の網膜の中心部分を黄斑部といい、視力に関係する視細胞が一番多く存在する部分です。加齢黄斑変性とは、加齢や網膜の栄養不足により黄斑部の網膜下(脈絡膜)の血管が萎縮したり、その血管に新しい血管(脈絡膜新生血管)が発生し、その新生血管が網膜内や網膜下に侵入することで、黄斑部の機能低下(視力低下や視野障害)を生じる病気です。加齢が原因ですので早い方では40代で発症することがあります。

症状

初期は目のかすみや文字を読んだとき歪みを感じます。進行すると視力低下が強くなり、中心部分が暗くなったり見えなくなったりします。その頃には、見たいところが見えない、読みたい文字が読めないなど、日常生活に支障をきたします。さらに進行すると最終的には失明に至ります。
気付いても年齢のせいにしてそのままにしていることも少なくありませんので40代になりましたら定期的な検査を受けることをおすすめします。

原因

加齢黄斑変性には「萎縮型」、「滲出型」の2種類があり、それぞれ原因が違います。

萎縮型
脈絡膜毛細血管の委縮によりその上の黄斑部の組織が加齢とともに萎縮する現象です。症状はゆっくりと進行し、急激に視力が低下することはありません。
滲出型
脈絡膜に新しい血管(新生血管)ができて、この血管が黄斑部にダメージを与えます。新生血管は正常の網膜にはない血管で非常にもろく、成分が漏れ出て溜まる、あるいは出血を起こしやすいという特徴があります。この血管から出た液体が黄斑の組織にダメージを与えて、視覚障害を引き起こすのです。

治療法

萎縮型の治療
治療は必要ありません。ただし、「滲出型」に移行して急激に視力が低下することがあるので、定期的な検査が必要です。
滲出型の治療
抗VEGF療法という新生血管を沈静化させる薬を硝子体内に注射する方法が一般的ですがその他にも、光に反応する薬剤を体内に注射し、それが新生血管に到達したときに弱いレーザーを照射して新生血管を破壊する「光線力学的療法」、新生血管をレーザーで焼く「光凝固法」などの新生血管を破壊することで黄斑へのダメージを食い止める外科的治療もあります。
PageTop