〒331-1231 長野県長野市松代町松代1430-13
TEL:026-213-4810

斜視・弱視

メガネ・コンタクトレンズを希望される方は、当院まで直接ご連絡ください。
TEL:026-213-4810

上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

HOME»  斜視弱視

斜視・弱視

乳幼児期に眼の病気、強い遠視、斜視などがあると視力が正常に発達しないことを弱視と言います。
斜視は右眼と左眼が違うところを見ている状態です。

斜視

片目はまっすぐむいていても、もう一方の目が「違う方向」を見ている状態を斜視といいます。これは眼位ずれといいます。

症状

眼位ずれ

斜視の程度は、ずれの幅とずれの現れる頻度とで表されます。ずれる頻度が高い場合は早めの治療が望ましいです。

斜視

ものが二重に見えることを複視といいます。共同性斜視では複視がないことがほとんどです。一方、麻痺性斜視ではたいてい複視を自覚します。

まぶしがり・片目つむり

屋外に出るとまぶしそうにしたり、片目をつむったりします。

原因

乳児~小児期に見つかる斜視の多くは原因不明ですがそのなかに、遠視、近視、乱視などを目の屈折異常や、調節機能の働き過ぎで起こる斜視があります。これらはまとめて共同性斜視とよばれます。遺伝性についてはまだ解明されていません。その一方で、頭のけがや脳の病気、外眼筋(目を動かす筋肉のことです)の病気が原因で起こる麻痺性斜視は、どの年代にでも発生します。

治療法

遠視が原因の場合は眼鏡やコンタクトレンズ、大部分の斜視は手術で治します。 斜視は適切な治療を行えば、左右両方の目で見る両眼視の機能を向上させられます。
 
屈折矯正(めがね):遠視、近視、乱視をともなった斜視患者様にはめがねをかけていただきます。とくに遠視にともなって起こる内斜視はめがねを掛けると斜視が軽くなることがあります。
 
プリズム装用:光を一定方向に曲げる作用のある、プリズムと呼ばれる樹脂でできた膜をめがねに取り付けます。斜視そのものを治す治療法ではありませんが、両眼視機能の獲得をめざして用います。
 
訓練療法:麻痺性斜視に対して行います。
 
手術:目のまわりに付いている筋肉(外眼筋)を調整して、目のずれを治します。この斜視手術は通常30分~1時間半ほどで終わります。乳児内斜視は早めにプリズムを装用するか手術を受けます。一方、間欠性外斜視は小学生頃に手術を受ける方が多いです。

弱視

斜視や屈折異常があったり、視覚の発達期の途中で何らかの原因によって「物を見ることができない」「見えにくい」という状態が長く続いてしまうと脳へ刺激が伝わらず、視力の発達は止まってしまいます。これを弱視といいます。

症状

視力は片眼または両眼ともに低く、両眼視機能も低い状態となってしまいます。ただ、子どもがこれらを自分で訴えることはほとんどありません。見えにくそうな様子で親が気づくことがありますが、幼いために検査が充分にできないときは、何度も再検査をします。

原因

視力はおよそ8歳ころまでに、両眼視機能は2歳頃までに視覚刺激を受けないと、これらの機能が発達せず、弱視になるといわれています。弱視の種類には斜視弱視、視性刺激遮断弱視、不同視弱視、屈折異常弱視があります。その原因として、斜視、先天白内障、屈折の左右差、両眼の屈折異常などがあります。

治療法

屈折異常(遠視・近視・乱視など)があるときはめがねをかけます。それでも視力が向上しないときは、良く見えるほうの目をアイパッチで1日に2~12時間遮閉し、弱視の目を積極的に働かせます。
アトロピンという目薬をアイパッチの代わりに用いることもあります。感受性期間を過ぎると治療効果は下がりますので、見つけしだい治療を始めることが大切です。なお、先天白内障の場合はまず白内障の手術を行った後に弱視治療をします。

PageTop