〒331-1231 長野県長野市松代町松代1430-13
TEL:026-213-4810

網膜剥離

メガネ・コンタクトレンズを希望される方は、当院まで直接ご連絡ください。
TEL:026-213-4810

上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

HOME»  網膜剥離

網膜剥離

網膜剥離とは、眼球の内側にある網膜という膜が剥がれて、網膜下に水がたまり、視力が低下する病気です。

症状

黒いものが飛んで見えたり(飛蚊症)、暗いところで稲光のようなものが見えたりします。進行すると飛蚊症が増えたり、視野の一部が欠けてきます。網膜剥離が網膜の中心部分(黄斑部)にいたると急激に視力が低下し、失明にいたる恐れもあります。

原因

網膜剥離は、加齢や糖尿病網膜症などの一部の病気、強い衝撃などの事故による頭部や眼球への物理的ショックが原因で引き起こされます。いずれも網膜の裂け目(網膜裂孔や網膜円孔)が網膜剥離の第一歩となります。
裂け目をそのまま放置しておくと、裂け目より網膜下に水分が徐々に侵入し、最終的には網膜が剥がれてしまいます。

治療法

裂け目はあるが、網膜が剥がれていない場合
瞳孔より網膜の裂け目にレーザーを照射し、焼き付けます。
光凝固術を行うことにより網膜にできた裂け目からの水分の侵入を防ぎ、網膜剥離の進行を止めます。
網膜が剥がれている場合
そのまま放置するとやがては失明しますので、剥がれた網膜を元の位置に固定する必要があります。そのための手術には、硝子体手術や強膜バックリング法などがあり、網膜剥離の症状に応じて対応が異なります。
PageTop